やってみたコピーライティング

これからの時代を生き抜く必要最低限のスキル!コピーライター志望でなくとも必須です!!

毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法

ツカサです。

こんにちは。

f:id:tsukasaomiya:20170627080327j:plain

今回は岩元貴久著「 情報商人のすゝめ」のレビューをします。

実践することで成功や幸せを手に入れるための稼ぐ方法を紹介しています。

サラリーマンのような労働することで収入を得る稼ぎ方ではありません。


”1日2時間の労働で、毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法”というキャッチコピーがつく稼ぎ方に興味があれば、実践する手順がわかるので一読の価値があります。

今すぐ再生ボタンをクリックしてください。


(YouTubeで見る→毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法

07分40秒から、「情報商人のススメ」の弱点を公開しています。

 

いわゆる情報商材という業界の先駆者たちがバイブルにしていた本です。


岩元氏が紹介している稼ぎ方というのは、情報というコンテンツを一度作れば、後は時間もお金も手間もほとんどかからず稼ぐことのできるインターネットビジネスをつかった効率的な方法です。

主に健康・お金・人間関係という、人間の欲求に根ざしたテーマーを扱う商材が多いです。

そして内容は自分が実践したり、実践した人をインタビューしたことをまとめて提供する方式をとっていることが多いです。

実績を出している人の実践の仕方という秘密を知ることができるのである意味では非常に有益なコンテンツです。

しかし、再現性があるかといえば、販売者と購入者の置かれている環境が違えば、必ずしも実践して上手くいく可能性が無い場合もあります。

なので、真似して実践してもうまくいかないときもあるので、誤解が生まれたり、クレームになってしまうことは事実です。

ただ、それは昔からある偉人の伝記や、ビジネス界やスポーツ界の成功した人の話でも、真似してうまくいくとは限らないですよね。

なので、上手くいかないことをもって、情報商材という業界自体がいかがわしいという理由にはならないと思います。

いかがわしいのは、自分が経験したこともなく、成功している人からインタビューしたわけでもないのに、机上の学習だけでコンテンツを販売している人はそう言われてもおかしくないです。

伝記や現代の偉人の本よりも、より実践的な内容が得られるというメリットがあるコンテンツです。

あくまでも、この世の中で成功したり幸せな人が、どのような選択をして人生を歩んできたのか道のりを知るためには、伝記や現代の偉人の本とあわせて非常にいいコンテンツです。

書籍の内容はというと、すぐに実践できるよう商品の作り方、売り方、お客様との付き合い方など、マーケティング用語でいうDRMのことが一通り学べます。

内容は濃くありません。

実践するときの流れ(全体像)がわかるので、実際に実践するときに計画が立てやすい内容になっています。

 

もしあなたがサラリーマンのように労働することで稼ぎを得ている方からすると、お金をくれる存在である会社がいつまで存続するかが気になりますよね。


その仕事が好きで働いているとしても、自分の実力で稼げているのかという能力に対する自信が持てないでいるからだと思います。


それは、あなたが能力がないとかではなくて、完全歩合制でない限り、会社に頼らず自分で稼ぐことをしたことがないからわからないからだと思います。


また、働いてると退職するまで、ほぼおなじ働き方(朝◯時に出社して、◯時に退社。土日祝日が休み)という時間提供型の労働なので、もし倒れてしまったら、収入も途絶えるとうい不安もつきまといます。


また、自分で稼げる分野を知らないし経験したことがないために、稼ぎをくれる組織(会社)のために、自分を認めてくれない人との付き合いに悩むこともあります。


なので、情報商材でいう、健康・お金・人間関係に不安を抱えながら働いて生きている人が多いことが容易に想像できます。


ですから、情報商材というビジネスが成り立つってのもわかりますね。


そこで、この本を読んで実践すれば、作家や作詞家やミュージシャンのように、一度つくった情報(コンテンツ)から権利収入が得られるような人生が手に入れる事も可能です。


そうはいっても、売り方についてはさらに学ぶ必要があります。

いやゆるセールスレターといって、売れるコピー(文章)が書けないと、商品をつくっても、集客しても意味がないからです。


そこで、コピーライティングという売れる営業マンのトークを文章に書き起こしたようなコピーについてさらに学ぶ必要があります。


私は現在、X-Jr.コピーライター養成スクールといって、15年間コピーライターの業界で生き抜いてきた仙人さんという講師の方のもとでコピーについて学んでいます。

フリースタイルライティングという、コピーライターの書籍を買っても学べない奥義を習得するために励んでいます。

コピーライティングの一般的なスキルは、売れる型を学びます。

人間心理に基づき、過去からの販売事例をもとに、このフォーマットに沿ってかけば、売れる可能性が統計的に高いといわれる方法です。

しかし、それだと型破りで、意外性のある、インパクとの強いレターが書けないのも事実です。

殆どのコピーの書籍で学ぶのは平均的なスキルをつけるためです。

義務教育みたいな大きな結果を得るまでは疑わしい教養を身につける程度の内容です。


なので、このスクールで学べば、売れる重要な要素を理解した上で、あなたにあった書き方で自由なコピーがいきなり書けるようになります。


そのために、知識を学ぶというより、実際に行動しながら学んでいく学習スタイルになります。


このスクールで学んで実践して稼げるようになれば、その経験をコンテンツにして、今回紹介した「情報商人のススメ」の手順に従って稼げばさらに学びが多いものとなることでしょう。


行動しながら学ぶことが多いスクールです。人数制限のお試し企画。初月無料はコチラまで→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#xVWSCM

業界で生き残るためのワークとは?

ツカサです。

こんにちは。

f:id:tsukasaomiya:20170626081509j:plain

昨日は私が参加していたX-Jr.コピーライター養成スクール”コピー業界で生き残る方法”を学びました。 

そこで、今日はその宿題を公開していきます。


”今のあなたの仕事かコピーライティングで長く生きていくため”のワークになります。

コピーライターで一番になることと、長く続けて生き抜くことは違いますので、この業界で生き抜いて行きたい人は知っておくべき内容です。

今すぐ再生ボタンをクリックしてください。

 


(YouTubeで見る→業界で生き残るためのワークとは?

00分34秒から、長く続かない考え方がわかります。

 

■業界で1位を目指してはいけない

まさにこれですね。

学校のテストで1位を目指すことと同じかと思います。

優秀な人はこれからも沢山でてきます。

また、人と比べて自分が優位であるかを比べても意味がありません。

また、だんだん自分事のように感じられなくなって、やる気がなくなります。

やはり、その業界で難しいと思ったことを簡単にしていくことです。

そのために、長くいたもの勝ちというマインドセットをもちましょう。

マイペース、じわじあ、少しづつ成長するという心構えでしょうか?

こうなるためには、もう辞めたいと思うことをなくしていきます。

嫌な部分を改善していく方法です。

楽しいことであっても、全てが楽しいわけがありません。

興味があって目指したい道があったとしても、その道程には嫌なこともあるはずです。

いやな作業や、いやな意思決定、いやな人づきあいがないわけがありません。

こう考えていくと、テクニックだけの技を磨いていたところで、嫌な部分の改善にはつながりません。

そこで、メンタルな部分を改善していく必要があるのです。

では、これから目指す市場をきめて、そこで生き残るための宿題をやったので公開していきます。


■海外物販で生き残るためには

私はコピーライターを目指すというより、海外物販でさらに上のレベルにもっていくためにコピーライティングを学んでいます。


そこで、海外物販業界で宿題をやってみました。


※嫌なことリストを書き出す

1.単純作業ばかりの1日にしない

物販はリサーチから仕入れ、販売、在庫管理、支払い入金管理などとにかく作業があります。

一つひとつは、単純なものばかりで、売れだして仕事が順調になってくるとつまらなくなります。

また、売れれば売れるほど作業が増えてくるので、一人でやるには限界があります。

そう考えると、究極の物販運営者の姿とは、作業を一切やらないになります。

そこで考えた対策を書きます。

・考えて作業しなくてもいいように、作業を分解して最小レベルまでにする。

・1週間の計画をたてて、決められた時間の範囲で作業をする

・作業内容をマニュアル化する

・外注に出す

・弟子をとる

 

2.パートナーが動いてくれない

単純作業をパートナーにやってもらうときに、動いてくれないことがあります。

そこで、パートナーがやる気を出して動いてもらうために何をすべきか考えました。

・パートナーの悩みを聞く

・ほしい報酬を聞く

・それに見合う工数を聞く

・ヒアリングにあった役割を与える

・それにあわせた作業手順書をつくる

 

※出来ることリストをつくる

嫌なことリストをつくることは、長くつづけるために、無駄なことを省く、やる気を削ぐ原因を摘み取るためです。

一方、出来ることリストをつくるというのは、自分の強みや楽しみを把握することであり、また他人があんたに頼みやすいようにすることでもあります。

私はこれはできません。またはやりません。

しかし、私はこれができます。またはやります。

このようにはっきりとリスト化していれば、あなたを信頼して仕事を頼みたい方からみれば、何を頼めばいいのかがわかるので安心できます。

なぜなら、この人は何ができて何ができないか、リストをみればはっきりわかるからです。

1.海外物販で売れる商品の条件に当てはまるか目利きをする

新しく売れそうな商品をリサーチしたときにみつけたら、実際に売るかどうかの判断をしていかないとだめですn

物販ならサイズや大きさによって、送料が大きく変わるので、それによって儲かるか儲からないかが決まります。

物販のレベルに応じた商品選びは私の真骨頂の部分なので喜んでやります。


2.売れる商品をさらに売れるようにする

私は全く新しい商品を開発するようなことはしません。

世の中をリサーチして売れているものがわかったら、最初は類似品を仕入れて販売テストをします。

1ヶ月50種類ぐらいの売れそうな商品を発掘しているので、すぐに売りにだします。

そして、販売したらお客様の評価や問合せをもとに、その商品の改善をしていくのが好きです。

こうすることで、売れる可能性の高い商品をさらに売れるようにしていきます。

商品自体に改善を加えていくのはもちろんのこと、売り方にも精通しているので、セールスの改善もおこなっていきます。

3.新しい集客方法をためす

ECサイトや自社サイトの検索機能によって、私の商品ページを探し出してくれる人数にも限界があります。

そこで広告出稿など、新しい集客方法を模索するのが好きです。

この部分は私自身が管理者となって、新しい集客ツールができたら、積極的に試してデータから分析していきます。

ECサイトにはどんどん新しい広告出稿ツールが生まれています。

商品ごとに何が効果的なのか調べるのが好きです。

この部分はデータを保存できるので、私の経験が自分の物販にも生かせますし、教育事業として他の物販業者に有料ノウハウとして提供できます。


■15年生き抜いてきた講師からのアドバイス


私が参加していたX-Jr.コピーライター養成スクール”の講師である仙人さんが経験から伝える内容なので、知識を得るというより、この市場で生き抜く方法を教えるという内容です。

 
行動しながら学ぶことが多いスクールです。人数制限のお試し企画。初月無料はコチラまで→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCopywriterSchool/enter/#xVWSCM

今のまま生き残るには

 

ツカサです。

こんにちは。

 

f:id:tsukasaomiya:20170625082428j:plain

いきなりですが

”今の仕事を10年後もやってますか?”と聞かれたら、やってますと答えられますか?

私はコピーライティングという仕事を始めるにあたって、”コピー業界で生き残る方法”を学びました。

この内容は私が参加していたX-Jr.コピーライター養成スクールで教えられた内容です。

今のあなたのお仕事でもきっと役に立つ内容なので紹介して行きたいと思います。

 

今すぐ再生ボタンをクリックしてください。

(YouTubeで見る→今のまま生き残るには

02分54秒から長く続けるためにということでコピーライティングを例に解説しています。 

 

■どこの業界でも上手い奴はいっぱいいる

コピーライター業界でも同じで書かせたら自分より上手い人はいくらでもいます。

でも上手いライターさんの多くはサラリーマンが多いんですよね。

つまり書くのは上手いが、お客様から仕事を取ってくるのは上手かどうかはわかりません。

そうすると、殆どの優秀なライターさんは仕事がなくなれば生きていけないのです。

自分でお客様を開拓してませんから。


そう考えると、お勤めの場合だと会社や営業に左右されずにずっとコピーライターとして下記続けるために一番大事なことはなんでしょうか?


私は”お客様をどうやって見つけるか”という部分に磨きをかけるべきだとおもいます。


■コピーを書き続けるのが難しい6つの理由

コピーを書き続けるのが難しいと感じている人が言う理由は概ね6つにまとめられます。

1.客をゲットする方法がわからない

2.書くシステムを持っていない

3.自分の書くスピードが把握できない

4.提出期限を守れない

5.ライバルが多い市場に入っていく

6.強いライターを競争してしまう


クライアントをゲットする理由については後ほど説明しますので省略します。

2-6については、クライアントをゲットしてからの話になります。

コピーライターはコピーを書いてしまうと全て自分の評価につながってきてしまいます。

なので、お客様をゲットする段階からコピーを書く段階までスーパーフォーミュラという究極のコピーを書くシステムをつかって、売れない商品のコピーを引き受けてしまわないように注意を払わなければなりません。

つまり、才能や文章力だけで負けるわけではないのです。

また、提出期限をまもなれないと、お客様の信頼を失い継続的な取引ができなくなります。

ですから、自分の仕事のスピードを把握していなければなりませんがコレを管理するのは難しいです。

なぜなら、ボクシングならトレーナーがいますから、世界チャンピョンになるためのトレーニングを管理する人と、実際にボクシングをする人とが強力してゴールに向かうわけですが、コピーライターはこれができないからです。

最後に、お客様を選ぶ基準として、ライバルが多くて強いライターと競争しないといけない市場は避けたほうがいいです。

コピーライティングは経験が全てな部分があるので、競争のない市場を見つける必要があります。

■コピーライティングを簡単にする方法

どんな業界でも長く続けて生き残っていくには大切なことは2つです。

1.マイペース
2.フォーカス

何事も長く続けるには、スキルや考え方ではありません。

メンタルな部分になります。

長く続かない原因として、興味や関心がなくなってしまうことが大きいです。

興味や関心がなくなる理由の一つとして、嫌な部分を改善していくことはやっていきましょう。

つまり、もう辞めたいと思うことをなくすために、嫌な部分を改善していくのです。


次に、ずっと続けないってことです。コピーに集中する時間をつくることはもちろん、リラックスする時間も大切です。

そして、集中するときとリラックスするときを繰り返していくのです。

こうすることで、中途半端にならずに済みます。


最後に、生き残るには長く続いたもの勝ちという考え方が大切です。

自分が自力で頑張り続けたと言う感じより、長く続けていれば他の人が勝手に脱落していく感じです。

なので、仕事の量を一気に沢山こなすよりも、マイペースでじわじわ続けていくってことです。


これが、燃え尽き症候群にならない秘訣でもあります。


最後に、空手で考えたらわかるとおもうのですが、3ヶ月やってダメだと思うはずがないですよね。

スポーツの場合、プロやその道のトップの人に憧れてやるとしても、最初の基礎の部分3ヶ月が終わった段階で強くなれるわけないですよね。


しかし、仕事になると、3ヶ月とか半年勉強してそれでマスターできたかどうか判断してしまうことが多いように思います。


スポーツでも仕事でも、はじめて3-6ヶ月目はまだスタートラインに立つ前の準備期間です。


コピーライターというキャリア全体で必要なことを最初の3-6ヶ月の間に学ぶのですから、半年後がコピーライターとしてのスタートだと意識して取り組みましょう。


■お客様に選ばれる人になるには?


それは実績が全てといっていいでしょう。

あれこれ提案をしても、理屈をこねて自分の素晴らしさを説いたところで、お客様はコピーの専門家ではないので、証拠となる実績が欲しいのです。

あのレターでいくら稼いだと見せられるのが最高です。


ですから、売れる商品やサービスをもつお客様を選ぶことができて、その上で最高のコピーが書くためには、最高のコピーを見つけて真似することです。


スポーツでも最初始めるときには、あこがれの選手を見つけて真似をするところから始まります。

ピカソも最初は模写の絵から始まり、最後は人間かもわからない絵になりました。

ただし、全てコピーするという真似はだめです。

まるごとコピーは法律でまず禁止されています。

次に、コピーしていると噂されると業界での位置が決まってしまいます。

また、まるごとコピーは学びがないのであなたが進化していきません。

つまり通用しなくなるということです。


では実際にどのようにして真似していくかということを説明します。


■購買をエンジョイしよう

物を買うときの”ビクン”、”ドキュン”という感じを意識しましょう。

欲を抑える・制御する意識はライターにとってよくないです。

コピーライターは欲を理解しつくしている人でなければ勤まりません。

毎月決めた予算の範囲では買っていいことにして、購買をエンジョイして楽しむことで買う感覚を体験しましょう。

そして、購入したときになぜ買ったのか、この商品を買う決め手となったポイントをメモしておきましょう。


なので、ネットで買ったものなどは、スワイプファイルを作って、購入した商品のページやメールの文面など参考資料も保存しておきましょう。


そして、コピーライターとして最高のコピーを書く3つの必殺技があるのですが、教材の内容のネタバレになってしまうので興味アル方は、下のURLをクリックして確認してくださいね。


行動しながら学べるスクールはココだけです。人数制限のお試し企画。初月無料はコチラまで→https://www.naturalsuccess.jp/XJrCoywriterSchool/enter/#xVWSCM